歯科人間ドック

予防歯科の一環として歯科人間ドックを取り組んでいます

細菌検査

細菌検査

細菌検査とは、「位相差顕微鏡(いそうさけんびきょう)」という顕微鏡を使い、お口の中の細菌の様子を観察するものです。
春日井きらり歯科の細菌検査で特に着目するのが、「スピロヘータ菌」と「運動性桿菌(うんどうせいかんきん)」です。

スピロヘータ菌は、歯周病の原因菌のひとつとされるものです。 強い毒素を出し、骨を溶かす原因となります。 この菌がいると、何度歯周病の治療をしても再発してしまうことがあります。
歯周病は、歯を失う原因として最も多い病気です。 更に最近は、歯周病と全身の病気とのかかわりも指摘されています。 心筋梗塞や脳梗塞、認知症、早産や低体重児出産など、重大な病気のリスクを高めてしまうのです。

運動性桿菌は、常にお口の中にいる菌です。 動きが速いのが特徴で、お口の中が汚れている場合、砂嵐のように大量に飛び回る様子が観察できます。 歯肉の中で毒素を出しながら増殖し、口臭の原因にもなります。 これらの菌は、放置しておいても改善することはありません。

細菌検査の流れ

細菌検査の流れ

細菌検査では、まず患者様の歯垢(プラーク)を取り、プレパラートを作ります。 これを顕微鏡で観察し、コンピューターに繋いで動きを録画します。 歯科衛生士がどのような菌がいるのか判別し、説明をしていくことになります。

お電話でのご予約・お問い合わせ 0568-37-4418
受付時間
9:00~12:00

13:30~18:30

/

/

/

/

/

/

14:00~19:00

/

休診日
元日、店内棚卸し日(2日/年)

最終受付は診療30分前です。

診療メニュー

当院のご紹介

トップ

© 2016愛知県春日井市の歯医者 春日井きらり歯科. All Right Reserved.