無痛治療について

痛みの少ない治療を心がけています。

「むし歯ができちゃったけど、歯医者の治療は痛いし行きたくないなあ…」 そんな声をよく耳にします。 虫歯は歯科医院で治療をするより他に、治す方法はありません。 しかも、放置すればするほど進行して痛みは増してしまいます。

痛みが出てしまっている虫歯を治療する際には、麻酔注射が必要な場合が多くなります。 麻酔がしっかり効いていないと、むし歯を削るときにも痛みが出てしまいます。 でも、針が皮膚を突き刺し、液が注入される時の独特の痛みと違和感…

それが口の中で起きるなんて、想像しただけでも痛いですよね。 そこで春日井きらり歯科では、麻酔の痛みを軽減させる5つの工夫を取り入れました。

【1、表面麻酔を塗ります】

画像

「表面麻酔」という言葉を、聞いたことがありますか? これはペースト状の、塗るタイプの麻酔です。

まずはこれを歯茎に塗っていきます。 麻酔が浸透するまで数分間待ってから、注射を打っていきます。 この表面麻酔によって、針が皮膚に刺さる時のちくりとした痛みが軽減されます。

【2、細い針を使います】

画像

注射の痛みは、針の太さも関係しています。 夏に蚊に刺された経験、きっと皆さん覚えがあると思いますが、それを思い出してみてください。 気付いたときには肌が腫れ、すでにかゆみが出ているということも多いと思います。 でも、刺されているはずなのになぜ気付かないのでしょうか?

それは、蚊が血を吸うのに使う口の針が、とても細いからなのです。 つまり、針が細ければ細いほど、痛みが少なくなっていくんです! そこで春日井きらり歯科では、歯医者で使われている注射針の中でも最も細い「33G」という種類の針を使用しています。 これで、針が刺さる時の痛みを軽減させることができるのです。

【3、麻酔液を温めます】

画像

「でも、いくら針を刺した時に痛くなくても、液が入ってくる時が一番痛いし…」 と思われた方もいらっしゃるかもしれません。まさにその通りです。 針を刺すときの痛みを減らしても、液を注入する時の違和感は拭えません。 その原因のひとつは温度です。

冬場に水道の蛇口をひねった時、水が冷たすぎてまともに触れなかった、なんて経験はありませんか? 体温と水温に大きく差があると、その分刺激も強くなってしまうのです。 これは麻酔液でも同じことが言えます。 そこで春日井きらり歯科では、麻酔液を人肌に温める装置を導入しました。 液を人肌の温度に温めておくことによって、麻酔が浸透してくる時の違和感を減らせるのです。

電動麻酔注射

画像

人肌に温めた麻酔液で、温度による刺激は軽減させることができました。 しかし、違和感や痛みの原因はこれだけではありません。 それは、麻酔液を一気に注入してしまうことです。 注入速度が速いと圧力がかかって、痛みを感じやすいのです。

そこで活躍してくれるのが、電動の注射器です。 コンピューターで速度を管理しているので、一定の速度で麻酔液を注入することができます! これによって、液を注入する際の違和感の軽減に繋がるのです。

【5:麻酔が効くまで時間を置きます】

患者様が多く、いつも混んでいる歯科医院だと、麻酔注射がしっかり効く前に治療を開始してしまうことがあるそうです。 「痛かったら手を挙げてくださいね」と言われ、実際に痛くて手を挙げたらもう一回注射をされた、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで春日井きらり歯科では、麻酔液がしっかり浸透するまで10分程度の時間を置いています。 麻酔液が浸透しやすいよう、チェアーを倒してお待ちいただくことになります。

【患者様への3つのお願い】

  • ①無痛治療は、麻酔の際の痛みを軽減させよう、という取り組みです。歯の神経を抜くなどの治療をした場合には、痛みを伴う可能性がございます。
  • ②痛みがどの程度軽減されるかは、個人によって差がございます。
  • ③現在、無痛治療へのお問い合わせが多数寄せられており、ご予約が取りづらい場合がございます。無痛治療をご希望の場合には、まずは歯科医師にご相談ください。
お電話でのご予約・お問い合わせ 0568-37-4418
受付時間
9:00~12:00

13:30~18:30

/

/

/

/

/

/

14:00~19:00

/

休診日
元日、店内棚卸し日(2日/年)

診療メニュー

当院のご紹介

トップ

© 2016愛知県春日井市の歯医者 春日井きらり歯科. All Right Reserved.