春日井きらり歯科

web予約

診療時間

痛みに配慮

4つの工夫で痛みを減らします

「口に違和感があるけど、歯医者の治療は痛いし行きたくないなあ…」 そんな風に考えていませんか?虫歯は治療をするより他に、治す方法はありません。 しかも、放置するほど進行して痛みは増していきます。

虫歯を治療する際には、麻酔注射が必要な場合が多いです。その麻酔がしっかり効いていないと、治療の際に痛みが出てしまいます。 でも、注射針を刺して液が入ってくる独特の痛みと違和感…想像しただけでも少し怖いですよね。 そこで当医院では、麻酔の痛みを軽減させる5つの工夫を取り入れました。

1、麻酔針の痛みを和らげます

「表面麻酔」という言葉を、聞いたことがありますか? これは塗るタイプの麻酔です。まずはこれを歯茎に塗って数分間待ってから、注射を打っていきます。この表面麻酔によって、針が皮膚に刺さる時の”ちくり”とした痛みが軽減されます。

表面麻酔

2、痛みの少ない注射針を使用

注射の痛みは、針の太さが関係しています。夏にふと気が付くと、蚊に刺されている経験はありませんか?それは、蚊が使う針がとても細いので痛みを感じないからなのです。そこで当医院では、歯医者で使われている注射針の中でも最も細い「33G」という種類の針を使用して痛みを軽減しています。

注射針

3、麻酔液を入れる速度を工夫

「でも針を刺した時に痛くなくても、液が入ってくる時が一番痛い…」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。実は、麻酔液を一気に注入してしまうと圧力がかかって痛みを感じやすくなってしまうのです。
そこで活躍してくれるのが、電動の注射器です。これによって、液を注入する際の違和感の軽減に繋がるのです。

電動の注射器

4、麻酔が効くまで待ちます

「歯医者によっては、麻酔注射をしてあまり時間を置かずに治療を開始してしまう所もあるそうです。「痛かったら手を挙げてくださいね」と言われ、痛くて手を挙げたらもう一回注射をされた、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで当医院では、麻酔液がしっかり浸透するまで時間を置いています。麻酔液が浸透しやすいよう、チェアーを倒してお待ちいただいておりますが姿勢が辛い時はスタッフにお声がけください。

麻酔が効くまで待ちます

患者様への3つのお願い

  • ①この取り組みは麻酔の際の痛みを軽減させよう、という取り組みです。歯の神経を抜く・抜歯治療などをした場合、その後痛みを伴う可能性がございます。
  • ②痛みの軽減の度合いは、個人によって差がございます。
  • ③土日・祝日・平日の遅いお時間は予約が取りずらい状況が続いておりますので予めご了承ください。

麻酔がきくまで待ちます