春日井きらり歯科

web予約

診療時間

予防歯科とはどんなものかご存じでしょうか?

  • 何度も虫歯になっている・・・
  • 子供や家族が虫歯にならないように気をつけたい
  • なるべく歯を削りたくない
  • 将来も自分の歯で食事をしたい

予防歯科とはこういった歯のことで将来悩みたくないという方にぴったりの治療・メンテナンスです。そして予防歯科は虫歯・歯周病・口臭だけではなく全身の健康にも関わってきます。このページは既に定期検診には通っているという人にも、歯医者には痛くなってから行く、という方にも是非読んでいただけたらと思っております。

おしゃれは足元から!健康は口内から!おしゃれは足元から!健康は口内から!

歯の健康の為に歯医者にいくという方がいます。これはとても素晴らしいことであり、そのまま通院していただきたいです。しかし実は、定期検診はお口の健康を守るだけに留まりません。全身の健康、ひいては健康寿命にも関わるのです。直接的な健康寿命を縮める要因として虫歯や歯周病で歯を失うことで、きちんと食事が取れずに栄養失調になってしまう方がいらっしゃいます。恐ろしいのが、歯周病の炎症があると様々な病気が引き起こるリスクが高まることがわかっています。口内は他の内臓と違い、唯一自分でチェックできる箇所です。普段から気にかけるようにしましょう。

口元のイメージ

医療費控除の節約になるって本当?医療費控除の節約になるって本当?

歯医者の定期検診と聞くと、馴染みのない方は時間とお金かかるので行くのを躊躇してしまいがちです。しかし、1年に数回30分〜60分のメンテナンスを受けることが将来の医療費を抑えることに繋がります。その理由としては2つあります。

節約イメージ

1、歯科での治療費がメンテナンスの費用よりも高い

歯の治療が繰り返されることで、だんだんと治療費がかさんでいきます。また、治療回数もかかるようになるので来院もたくさんしていただかなくてはいけません。そして、それ以上に大切なご自身の歯が削られてしまいます。治療で悪いところを治すだけでは最終的に歯がなくなってしまいます。

定期的に通った方の場合痛い時だけに通院した方の場合

284万円の差!

2、全身疾患のリスクが下がる事で健康寿命が延びるから

定期的に歯科医院を受診している人は、全ての病気にかかる年間の総医療費が低くなる傾向があることが、トヨタ関連部品健康保険組合(愛知県豊田市) と豊田加茂歯科医師会の共同調査で分かった。同組合の組合員5万2,600人の2009年度の医療費と受診歴のデータを分析。歯科医院で年に2回以上、定期的に歯石除去などをしている602人を抽出し、総医療費を調べた。その結果、定期受診の人は48歳までは総医療費が平均より高かったが、49歳を過ぎると平均を下回る分布傾向となった。65歳になると年平均が35万円に対し、定期受診の人は20万円以下とその差は広がっていく。(中日新聞 2011年3月28日付け)

節約

当院の定期検診と
口内環境改善コース(KKS)のご紹介

1、定期検診ではこんなことを行います

  • クリーニングクリーニング
  • 虫歯・歯周病検査虫歯・歯周病検査
  • お家でのケアの指導お家でのケアの指導

2、口内環境改善コース(KKS)では根本からお口を変えていきます。

当院には、8回程度の来院で口内の菌の質を変えるコースがあります。1人1人に合わせて治療の内容を変えていきます。何回治療を行っても、繰り返し同じ症状に悩まれてしまうという方は実は口内の状態によるものの可能性があります。KKSでは口に常駐する菌を減らしてから、良い菌質になるよう病院と患者様で取り組んでいきます。ご興味がある方はこちらから。

口内改善コース

KKSについては口臭検査とその治療のページで紹介しています! ▶︎

3、たった2日で、自分では取れない汚れとなる

当院には、8回程度の来院で口内の菌の質を変えるコースがあります。1人1人に合わせて治療の内容を変えていきます。何回治療を行っても、繰り返し同じ症状に悩まれてしまうという方は実は口内の状態によるものの可能性があります。KKSでは口に常駐する菌を減らしてから、良い菌質になるよう病院と患者様で取り組んでいきます。ご興味がある方はこちらから。

お口の中の汚れ